有名サイト「東京散歩」の運営者の危険な日記公開


by tokyosanpo1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今年も8/15が。。

ども やつと梅雨が明けました。 でも すこし例年より涼しく 快適です。

さて 今年も8/15終戦記念日がきます。

つい 最近 深夜寝れなくて ふとつけたテレビで深夜のふるーい映画に
見入ってしまい 最後まで見てしまいました。

その映画は「ああ、声なき友へ」というもので主演は「男はつらいよ」の
渥美清でした。

筋はあの戦争のあと、その戦争で戦友だった友人の親や妻や子供に
たくした最後の手紙遺言状をその主人公の渥美清が行方不明になつたり
した関係者を苦労しながら探し、戦後8年もかけて 旅をしながら
渡して歩く。そして 戦友の元にいくと、元妻や親戚のいろんな変化に
会って 愕然とするというものです。

最後に主人公が叫んでいたのが心に残りました。
「俺がなんで こんなに苦労しても悲しい思いや嫌な思いをしても手紙を
わたしていたかというと やはりあの戦争に対する怒りだつた」と。。

今年も終戦記念日が近づいてきて 天皇のメモが出てきて「靖国批判」を
したしないとか 小泉総理の「靖国参拝」の是非に世間はにぎやかで
あるが、 わたしは「天皇には戦争責任があるか」と問われれば
「ある」と答えざるを得ない、と同時にその当時の政治家にも戦争責任
はあり、その当時の国民は まつたくの犠牲者であるという立場に
たつものである。

であるから その戦争責任のある政治家と犠牲者である一般国民を
合祀している「靖国」はやはり 「おかしなとこ」であると言わざると
えない。

そして 日本国民はほんの半世紀前に300万人以上の同胞を
犠牲にして 戦争に突入して そして負けたという事実を思い返し
反省するべきと強く思うのである。。

日本には「勝ち組」「負け組」なんてなくて みんな「原罪」をもつている
ということを この日は重く受け止めていこうと思う。

そーだ お盆も近づいてきたから お墓参りにいこう。
[PR]
by tokyosanpo1 | 2006-07-31 22:36 | ネット見聞録